feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<お料理初心者はじめました>作ったお料理の記録と、作った時に思ったこと。美味しいものを作れるようになりたい。

お魚用の骨抜きをを購入しました!毛抜きよりも大きく力が入りやすいので、見た目の良いお刺身の柵を楽に作れます。魚を自分で捌く釣り人におすすめの、骨抜きをご紹介したいと思います!

小骨を抜かないと、見た目の良いお刺身は作れない

魚を捌く時は、毛抜きを使うか、小骨がある部分を包丁で落としてしまうか、のどちらかでした。毛抜きでも小骨は抜けるのですが、大きさが小さいため少し扱いづらいのです。なので、毛抜きは使わずに、包丁で小骨部分を切り落としてしまうことをよくやりました。

ただこれには問題があります。小骨部分を切り落とすとお刺身の柵のサイズは半分になるため、お刺身のサイズが小さくなってしまうのです。もちろん一口大のサイズが良い場合もありますが、見た目的には程よい大きさにしたいですよね。

写真はかなり大きなアジのお刺身ですが、小骨のある真ん中を包丁で取ってしまったので、半分の大きさになってしまっているのが分かるでしょうか?味は変わらないので美味しいのですが、見た目はちょっと残念なのです。

 

魚専用の小骨取りの大きさは大きい

魚の小骨取りの形状は毛抜きに似ていますが、大きさが全く違います!分かりやすいように手の横に置いてみました。大きめなのがわかるでしょうか?この大きさがあるので、力も入りやすくなるのです!

骨をつかむので、かみ合わせも大切

骨抜きのかみ合わせが悪いと、引っ張るときに骨が抜けないので、かみ合わせがとても大切です。今回購入した製品は、骨をつまむためのかみ合わせもなかなか良かったです。

 

小さめな魚でも立派なお刺身になりました

それほど大きな魚ではありませんでしたが、真ん中にある小骨を抜いたことで、大きな切り身にすることが出来ました。お刺身にする技術は未熟すぎて悲しくなりますが、それでもお刺身の見た目は大分良くなりました!

 

釣り人におすすめです!

釣りたてのお魚を美味しそうなお刺身にするなら、魚用の骨抜きが便利で使いやすいです!魚を捌く機会がある方で、骨抜きを持っていない人は是非お試しください。

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る