feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<お料理初心者はじめました>作ったお料理の記録と、作った時に思ったこと。美味しいものを作れるようになりたい。

小さな会社の新入社員だったころ、
社長に連れていかれた定食屋の豚ロース生姜焼きは、肉厚でとても美味しかったのを覚えています。
その記憶からか、ときたま無性に厚みのある生姜焼きを食べたくなるのです。

厚みのある生姜焼き用の肉を使って、生姜焼きを作ってみることにしました。
忙しくて朝食を抜いてしまったお腹にはボリュームがあるのも魅力ですし、
厚めの豚肉は、しっかりと肉を食べる感じがとても好きです。

肉に下味をつけつつ、たまねぎをくし形に切る。

本に出ているこの、くし型という切り方が最初ピンと来ませんでしたが、
たしかに昔のくしはこういう形だったなと、切り方の名前に納得です。

年配の方がIT用語が分からないように、
料理はじめたばかりだと、分からない用語がたまに出てくるのです。

「レンチン」という言葉でさえ、この1ヶ月以内に知ったくい(笑)
世代的にレンジでチンは知ってますが、レンチンに短くされているのが普通だとは思いませんでした。

久しぶりに食べた厚めの肉の生姜焼きは、やっぱり美味しい。

「若い頃に食べた生姜焼きはもっと1枚が大きかった気がするな」
お店もどこにあったか覚えていないのに、あの生姜焼きはうっすらと頭によみがえったのでした。

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る